スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガドライブ -SEGA- 

メガドライブ(MEGA DRIVE) -SEGA- メガドライブ(MEGA DRIVE) -SEGA-  にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
メガドライブ(MEGA DRIVE)は、セガ・エンタープライゼス(現:セガ)が1988年10月29日に日本で発売した16ビットのコンシューマ用ビデオゲーム機である。発売当時の価格は21,000円。米国ではジェネシス(GENESIS)という名称で1989年に、ヨーロッパでは1990年に発売された。(wikiより転載)


私はメガドライブに出会う前に持ち合わせていたハードは、ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジンだった。その後にメガドライブを親父の弟さんから誕生日プレゼントで頂く事になる。この時にセガは、+1キャンペーンというものを実施しており、本体を購入するとソフトを一本無料でもらえるというものだった。(はず)その時に何をもらったかよく覚えていない・・・。


最初に持っていたソフトで記憶があるのは、ソニック・ザ・ヘッジホッグ、ベアナックル、ザ・スーパー忍、の三本。親父の弟さんに、ザ・スーパー忍 を何故だか強く勧められたのを覚えている。


メガドライブはヘッドフォンを直接本体に挿せたり、ボリュームコントロールまで付いていたりする。当時も今でもちょっと変わった機種だと思う。個人的には音も結構好きで、中域の重たい音を出せたのは印象的だった。ちなみにファミコンのピコピコした音も大好きである。


メガドライブは残念ながら任天堂から発売されたスーパーファミコンに負けてしまう形になったが、どちらも個性があったと思う。(ソフトのラインナップやサードパーティーを見るとメガドライブが日本で普及しなかったのも分かるが)メガドライブを好きな人がコアな"イメージ"があるのは、濃いソフトが多かった為ではないかと思う。キャラクターも濃いモノが多かったし。(パッケージも並べて見ると濃かったりする)


日本ではあまり普及しなかったが、アメリカでは大ウケしたメガドライブ。ソニックの影響や貢献は大きいと思う。間違いなく歴史の1ページを刻んだゲーム機だという事は疑いもない。


スペック
CPU (MPU) メイン68000 (7.67MHz) +サブ(サウンド処理)Z80A (3.58MHz)  RAM 64KB(68000用)+8KB(Z80用)  VRAM 64KB  画面表示 VDP(セガ カスタム仕様)320(または256)  ドットx224ライン(インターレス表示で448ラインも可能  同時発色数 512色中64色  スプライト 最大80個  音源 FM音源 YM2612 (4MHz) ステレオ6ch + PSG 3ch + ノイズ 1ch(ヤマハYM2610+セガカスタムチップ)  スロット ロムカセット×1 拡張用×1(メガCD/メガCD2を接続可能)  コントロール端子 2個 3ボタン+スタートボタンのコントロールパッド1個付  外部コントロール端子 1個(メガモデム等取付可能)  AV端子 DIN8P(馬蹄形)  ヘッドホン端子 1個(ボリュームコントロール付)


メガドライブ(MEGA DRIVE) -SEGA- 関連リンク
メガドライブ - Wikipedia
メガドライブのゲームタイトル一覧 - Wikipedia
メガドライブの部屋
セガトイズ「メガドライブ プレイTV」
メガドライブ用語大全
[セガハード大百科] メガドライブ
CHEEP!MEGADRIVE
メガドライブのページ
メガドライブ分解
めがすてぃーるえんぱいあ-メガドライブ帝国
メガドライブ
あなたの好きなメガドライブのソフト5つを教えてください

アイテムステーションを応援してくださる方は
ランキングクリックお願い致します。


にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

スポンサーサイト

熱血高校ドッチボール部 -TECHNOS JAPAN- 

熱血高校ドッチボール部  -TECHNOS JAPAN- 熱血高校ドッチボール部  -TECHNOS JAPAN-  にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
1988年にTECHNOS JAPAN(テクノス ジャパン)から発売されたファミリーコンピュータファミコン)専用ソフト、熱血高校ドッチボール部テクノス亡き今でも根強い人気を誇る、くにおくんシリーズの初期の頃の作品。


ドッチボールを題材にしたゲームというのは、当時珍しかった。(今もあまりないかも)システム面も斬新で、各キャラクターごとに何歩走ってシュートで必殺技が出る、走りながらシュート、ジャンプシュートで技が変わる、与えたダメージをリアルタイムに表示、等々。今遊んでも十分面白い作品に仕上がっている。


二人用も熱く、通常モードで対戦、放課後、どちらも楽しかった。特に放課後は通常モードと違い自由に動き回れたりして、バトルロワイヤルの要素が強いのが特徴。


実は熱血高校ドッチボール部は四人まで遊べる。(4人モードで遊ぶには別なコントローラーが必要だが)私は三人までしか遊んだ事がないが、一人より二人、二人より三人と多人数で遊ぶ方が断然面白い。リアルで喧嘩になるほど熱くなれる。この辺が熱血高校なのだろうか。


この後に熱血高校シリーズは沢山発売されていく事になるが、その方向性を示した最初の作品。本当にくにおくんシリーズは好きで、熱血シリーズは全部買ってしまったのであった・・・。

熱血高校ドッチボール部 -TECHNOS JAPAN- 関連リンク
熱血高校ドッチボール部
熱血高校ドッチボール部
ファミコンブログ: 熱血高校ドッジボール部
近代芸夢懐古録
ゲーム特集
FOUR DIMENSION
かつらの挑戦状Web

アイテムステーションを応援してくださる方は
ランキングクリックお願い致します。


にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

PSY・S [saiz] -サイズ- 

PSY・S [saiz] -サイズ- PSY・S [saiz] -サイズ-  にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
PSY・S [saiz] -サイズ。松浦雅也とCHAKA(安則まみ)の音楽ユニット。PSYとは、PSYCHOLOGY(心理学)、PSYCHIC(精神の)、PSYCHEDELIC(超心理的)、PSYCHO-TIC (精神的な)等の接頭語で、一言でいえば"心"宇宙に満ちている"気"の意味で、物質文明 (技術)と精神文化(感性)の融合を目指すこのunitを象徴するネーミング(Panoramagic Tour パンフレットより)


私はPSY・Sを比較的早く知る機会があったのだが、当時はROCKにばかり聴いていた為、リアルタイムでPSY・Sのすばらしさに気が付かなかった。出会っていたにもかかわらず素通りしてしまったのだ。PSY・SにハマってしまったのはPSY・Sが解散してから7年後である。とてももったいない事をしたなあ、と思う。率直に言ってしまえば、こんなにも自分の音楽に対する意識が変わるとは思わなかった。もう少し早く気が付いていれば、もっと自分は変わっていただろう。間違いなく。


PSY・Sは打ち込みが多い。しかしこの頃の打ち込みを代表するTMNなどとはまったく性質が異なる。PSY・Sの芯にはどこか人間味があり暖かみがある。打ち込みなのにギターのような「生」な感じがある。私はそこがたまらなく好きだ。このようなユニットを他に私は知らない。


複雑な事をしているわけでもなく、それでいて何処かロジックで、だけど素直な感じ。何度聴いても飽きる事がない。空間に溶け込んでしまうような音楽。それが私の中のPSY・S。


PSY・S [saiz] -サイズ- ディスコグラフィー
Different View(1985/05/22)
1.Teenage
2.From The Planet With Love
3.I・E・S・P(アイ・エスパー)
4.Big Kitchen
5.景 色
6.星空のハートエイク
7.Paper Love
8.Desert
9.私は流行,あなたは世間

PIC-NIC(1986/07/02)
1.Woman・S
2.Everyday
3.コペルニクス
4.Ready For Your Love
5.Brand-New Menu(Brand-New Folk Rock Version)
6.Another Diary
7.May Song
8.Down The Slope
9.ジェラシー"BLUE"
10.Old-fashioned Me

Collection(1987/02/26)
1.Wake Up(A Short Version)
2.ドリーム・スープ
3.本当の嘘
4.ビー玉坂
5.Woman・S(Bossa nova Version)
6.サイレント・ソング
7.絵に描いたよりPictureness
8.風の中で
9.私は流行、あなたは世間(Instrumental Version)

Mint-Electric(1987/08/1)
1.Simulation
2.電気とミント
3.青空は天気雨
4.TOYHOLIC
5.Lemonの勇気
6.Sweet Tragedy
7.Long Distance
8.Cubic Lovers
9.ガラスの明日

NON-FICTION(1988/08/1)
1.Parachute Limit
2.Spiral Lovers
3.(Shooting Down)The Fiction
4.Romeo
5.EARTH~木の上の方舟~
6.Angel Night~天使のいる場所~
7.Silver Rain
8.Robot
9.薔薇とノンフィクション
10.HOURGLASS~時の雫~

ATLAS(1989/07/21)
1.Wondering up and down~水のマージナル
2.WARS
3.ファジィな痛み/Fuzzy Pain
4.Stratosphere~真昼の夢の成層圏
5.遠い空
6.(北緯35゜の)heroism
7.See-SawでSEE
8.STAMP
9.引力の虹
10.WARS-Reprise-

SIGNAL(1990/07/1)
1.Kisses
2.遊びにきてね
3.マイティ・スマイル
4.1/2の永遠
5.Bronze
6.氷のヴィジョン
7.空の日
8.セパレイト・ブルー
9.GIMMICK
10.風の鏡

TWO HEARTS(1991/04/25)
1.Woman・S(New Version)
2.電気とミント(Movie Mix)
3.Friends or Lovers(New Mix)
4.Lemonの勇気(New Mix)
5.ファジィな痛み
6.Desert(New Version)
7.Another Diary(New Version)
8.Brand-New Menu(New Version)
9.景色(New Version)
10.Cubic Lovers
11.Angel Night~天使のいる場所(New Mix)
12.薔薇とノンフィクション
13.From The Planet With Love('87 Version)
14.Parachute Limit
15.Wondering up and down~水のマージナル

HOLIDAY(1991/12/12)
1.夏服とスケート
2.あさ~from day to day
3.宝石の島
4.ダブル・ダブル
5.オーロラの不思議な街
6.どうして?
7.Moonshine
8.PUZZLE
9.最後の楽園
10.in the Nude(Album Version) 11.ひみつ~Perspective lovers

TWO SPIRITS(1992/07/22)
1.Parachute Limit
2.Teenage
3.Kisses
4.Christmas in the air
5.Paper Love(English Version)
6.青空は天気雨
7.TOYHOLIC
8.Everyday
9.Friends or Lovers
10.冬の街は
11.EARTH~木の上の方舟~
12.Silent Song
13.私は流行、あなたは世間

WINDOW(1993/07/01)
1.倖せが迷う森
2.青空がいっぱい(Album Mix)
3.D・I・V・E
4.金色の音符
5.ハートのパティオで逢いましょう
6.Anemometer-真夏日の風速計(Album Mix)
7.VISION
8.約束と偶然
9.Blue Star
10.The Seven Colors

HOME MADE(1994/04/21)
1.あさ~from day to day
2.星空のハートエイク
3.ROBOT
4.Lemonの勇気
5.ジェラシー"BLUE"
6.Friends or Lovers
7.花のように
8.セパレイト・ブルー
9.青空がいっぱい
10.どうして?
11.遠い空
12.EARTH~木の上の方舟
13.倖せが迷う森 Instrumental
14.星空のハートエイク Honkey Tonk Version

Emotional Engin(1994/12/12)
1.Power Stone
2.Believe in Music
3.be with YOU [ALBUM MIX]
4.sign
5.魔法のひとみ [ALBUM MIX]
6.花のように [EDIT VERSION]
7.もうちょっとだね
8.月夜のドルフィン
9.雨のように透明に
10.Seeds
11.Lotus

TWO BRIDGES(1996/08/01)
1.遊びにきてね
2.Kisses
3.あさ~from day to day
4.どうして?
5.最後の楽園
6.氷のヴィジョン
7.魔法のひとみ
8.約束と偶然
9.青空がいっぱい
10.花のように
11.倖せが迷う森
12.be with YOU
13.Moonshine
14.GIMMICK
15Seeds

WINTER LOUNGE(1986/11/21)
1.WINTER LOUNGE(作曲:松浦雅也)
2.Yellow Christmas(POPS ALL STARS )
3.LONELY DECEMBER(須藤薫)
4.Christmas in the air(PSY・S)
5.かってなバイブル(Hi-Fi SET)
6.Wonderful Christmas(The Dreamers)
7.再会 AGAIN(南佳孝)
8.Party's over(楠瀬誠志郎)
9.最後のメリー・クリスマス(杉真理)
10.Kiss,Kiss,BANG!BANG!(Pizzicato Ⅴ)
11.WINTER LOUNG (Reprise)(作曲:松浦雅也)
12.くつ下の中の僕(POPS ALL STARS)

GOLDEN☆BEST PSY・S SINGLES+(2002/11/20)
1.Teenage
2.BRAND-NEW MENU
3.アナザー・ダイアリー/ANOTHER DIARY
4.Woman・S
5.サイレントソング
6.Lemonの勇気
7.Angel Night~天使のいる場所~
8.薔薇とノンフィクション
9.Parachute Limit
10.ファジィな痛み/Fuzzy Pain
11.Wondering up and down ~水のマージナル
12.遊びにきてね
13.Kisses
14.CHILD
15.Friends or Lovers
16.電気とミント(MOVIE MIX)
17.あさ~from day to day
18.Moonshine
19.青空は天気雨
20.青空がいっぱい
21.花のように
22.be with YOU
23.Christmas in the air(ライブ)
24.From the Planet With Love(ライブ)
25.TOYHOLIC (ライブ)
26.私は流行.あなたは世間(ライブ)
27.Monster's Dance/Blood Runner
28.TINKER BELL

LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR ’88-’89/PSY・S 4SIZE(DVD)(2005/09/07)
LIVE「LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR '88-89」
1.Parachute Limit
2.Spiral Lovers
3.景色
4.Robot
5.Lemonの勇気
6.CHILD
7.EARTH
8.Angel Night~天使のいる場所~
9.Woman・S
10.電気とミント
11.薔薇とノンフィクション

CLIPS「PSY・S 4SIZE」
1.電気とミント
2.Lemonの勇気
3.Angel Night~天使のいる場所~
4.Parachute Limit (Video Version)

PSY・S [saiz] -サイズ- 関連リンク
P-CORO HomePage
PSY・S - Wikipedia
音楽の探求者・・PSY・S
Tea House 紫紅茶館 音楽 PSY・S
PSY'S[saiz]

アイテムステーションを応援してくださる方は
ランキングクリックお願い致します。


にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

ドラゴンボール (Dragon Ball) -鳥山明- 

ドラゴンボール (Dragon Ball) -鳥山明- ドラゴンボール (Dragon Ball) -鳥山明-  にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
週刊少年ジャンプ(集英社)で1984年51号から1995年25号までの間、全519話が連載された、原作:鳥山明 作品:ドラゴンボール (Dragon Ball)。私はドラゴンボールの連載の始まりからリアルタイムで読んでいた世代だ。最初からの展開を考えると、まさかここまでの作品になるとは思わなかった。鳥山明氏も思っていなかっただろう。


ストーリーやキャラクターなどは国民レベルで愛されているし、ここで語る必要もないだろう。(私なんかより詳しく書かれているサイトも多いと思うので)私の家にある漫画の本をザッっと見渡してみても、日本の漫画文化を語る時にドラゴンボールの話を抜きにしてはなりたたないと思うくらいの作品だと思われる。


私は漫画を読んでいても、なかなかキャラクターを覚えられないのだが(主人公くらいで、ちょい役のキャラクターは覚えていない事が多い)ドラゴンボールは何故か覚えているのだ。それだけインパクトがあったのか、キャラクターが立っているのか、それとも線からは読み取れないオーラみたいなものが出ているのかはまだ自分でわからないが、何故か覚えているのだ。兎人参化やヤジロベー、レッドリボン軍、占いババとか、ちょい役のはずなのだが記憶に残っている。他の漫画のちょい役はなかなか頭に入ってこないというのに。この辺りもドラゴンボールの人気の秘密なのだろうか。


まだ小さかった頃、かめはめ波!のマネをしていたクラスの男子。その子達が大人になって社会に出ているんだなぁ、なんて考えてみたら、発想やビジネスなんかはこういう文化が大事なのかなとふと思った。ちなみにここだけの話、かめはめ波、放ってました…。


ドラゴンボール (Dragon Ball) -鳥山明- 関連リンク
ドラゴンボール - Wikipedia
鳥山明 - Wikipedia
ドラゴンボール 東映アニメーション
鳥山明の世界
ドラゴンボール マニア
裏ドラゴンボールマニア
ドラゴンボール最強考察
ドラゴンボール情報サイト ドラゴンフィーバー
ドラゴンボールAF/ウェブリブログ
YouTube - Dragonball Opening
ドラゴンボールキャラクター名鑑
ドラゴンボール IF ~未来の戦士~

アイテムステーションを応援してくださる方は
ランキングクリックお願い致します。


にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

ミニ四駆 -TAMIYA- 

ミニ四駆 -TAMIYA- ミニ四駆 -TAMIYA-
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
TAMIYAから発売されているレーサーミニ四駆。組み立てて、好きなパーツを購入しカスタマイズし単三形乾電池2で走る車の玩具だ。私の時代の時に流行っていたのは「ダッシュ!四駆郎」。エンペラーやバーニングサン、シューティングスターなどの種類を記憶している。その後、記憶ではアバンテjrというタイプの違うシャーシが発売されてこれが今までの車種よりもデフォルトで速かった事を覚えている。


大変恥ずかしい事にウチは私と親父とで熱中していた。コロコロの術中に見事はまった親子である。ジャパンカップという公式のコースを二つ購入し、週末になると友達や車好きを呼んで大会なんぞを行っていた。馬鹿な親子である。特に親父が。


あまりにもアホらしい話なので親子の話はここまでにしておきたい。話はミニ四駆本来の話題に戻して、累計販売台数は2005年8月までで1億7000万台だという。すごい数字だ。ミニ四駆を何十台と購入したうちはかなり貢献していると思う…。


何年かに一度ブームが来るようでミニ四駆シリーズはまだまだ続いているらしい。この事を知って少し懐かしいような恥ずかしいような、複雑な気持ちになってしまった。


ミニ四駆 -TAMIYA- 関連リンク
TAMIYA INC. 株式会社タミヤ
★★TAMIYA SHOP
ミニ四駆情報
ミニ四駆 - Wikipedia
ミニ四駆オンライン MINI4WD Online
YRG -YohinoriRacingGarage-
空想科学ミニ四駆 爆笑兄弟 Let's ら Go!
貴くんのミニ四駆情報館
ものすごいおとなげないミニ四駆大会
ミニ四駆動態保存館 ミニ四駆GPチップ搭載計画
ミニ四駆歴史年表
レーサーミニ四駆のお楽しみ館

アイテムステーションを応援してくださる方は
ランキングクリックお願い致します。


にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。