スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガドライブ -SEGA- 

メガドライブ(MEGA DRIVE) -SEGA- メガドライブ(MEGA DRIVE) -SEGA-  にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
メガドライブ(MEGA DRIVE)は、セガ・エンタープライゼス(現:セガ)が1988年10月29日に日本で発売した16ビットのコンシューマ用ビデオゲーム機である。発売当時の価格は21,000円。米国ではジェネシス(GENESIS)という名称で1989年に、ヨーロッパでは1990年に発売された。(wikiより転載)


私はメガドライブに出会う前に持ち合わせていたハードは、ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジンだった。その後にメガドライブを親父の弟さんから誕生日プレゼントで頂く事になる。この時にセガは、+1キャンペーンというものを実施しており、本体を購入するとソフトを一本無料でもらえるというものだった。(はず)その時に何をもらったかよく覚えていない・・・。


最初に持っていたソフトで記憶があるのは、ソニック・ザ・ヘッジホッグ、ベアナックル、ザ・スーパー忍、の三本。親父の弟さんに、ザ・スーパー忍 を何故だか強く勧められたのを覚えている。


メガドライブはヘッドフォンを直接本体に挿せたり、ボリュームコントロールまで付いていたりする。当時も今でもちょっと変わった機種だと思う。個人的には音も結構好きで、中域の重たい音を出せたのは印象的だった。ちなみにファミコンのピコピコした音も大好きである。


メガドライブは残念ながら任天堂から発売されたスーパーファミコンに負けてしまう形になったが、どちらも個性があったと思う。(ソフトのラインナップやサードパーティーを見るとメガドライブが日本で普及しなかったのも分かるが)メガドライブを好きな人がコアな"イメージ"があるのは、濃いソフトが多かった為ではないかと思う。キャラクターも濃いモノが多かったし。(パッケージも並べて見ると濃かったりする)


日本ではあまり普及しなかったが、アメリカでは大ウケしたメガドライブ。ソニックの影響や貢献は大きいと思う。間違いなく歴史の1ページを刻んだゲーム機だという事は疑いもない。


スペック
CPU (MPU) メイン68000 (7.67MHz) +サブ(サウンド処理)Z80A (3.58MHz)  RAM 64KB(68000用)+8KB(Z80用)  VRAM 64KB  画面表示 VDP(セガ カスタム仕様)320(または256)  ドットx224ライン(インターレス表示で448ラインも可能  同時発色数 512色中64色  スプライト 最大80個  音源 FM音源 YM2612 (4MHz) ステレオ6ch + PSG 3ch + ノイズ 1ch(ヤマハYM2610+セガカスタムチップ)  スロット ロムカセット×1 拡張用×1(メガCD/メガCD2を接続可能)  コントロール端子 2個 3ボタン+スタートボタンのコントロールパッド1個付  外部コントロール端子 1個(メガモデム等取付可能)  AV端子 DIN8P(馬蹄形)  ヘッドホン端子 1個(ボリュームコントロール付)


メガドライブ(MEGA DRIVE) -SEGA- 関連リンク
メガドライブ - Wikipedia
メガドライブのゲームタイトル一覧 - Wikipedia
メガドライブの部屋
セガトイズ「メガドライブ プレイTV」
メガドライブ用語大全
[セガハード大百科] メガドライブ
CHEEP!MEGADRIVE
メガドライブのページ
メガドライブ分解
めがすてぃーるえんぱいあ-メガドライブ帝国
メガドライブ
あなたの好きなメガドライブのソフト5つを教えてください

アイテムステーションを応援してくださる方は
ランキングクリックお願い致します。


にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itemstation.blog85.fc2.com/tb.php/13-aa3fcbeb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。